ブログBlog

2019.05.29

話題になった舌がんについて。【横浜きぬた歯科】

たぶんどこの歯医者でもそうなんでしょうけど、先日は初めて来院される方が電話で舌癌が出来たからまず、きぬた歯科で診てもらってから手術の出来る大きな病院に紹介してもらいたいとのことで。 構えてしまったんですけど、ただの口内炎で。
口内炎だと説明したんですけど、どうしても…という事で紹介したんですが、 3日後電話があって、治ったから行かなくても良いかと言われました。 ただ、皆さんが不安になる気持ちはよくわかりますね…。 舌癌に限らず最近は、ネットで何か自分で自分の調子が悪い事を調べると 必ず癌にある症状が出てきますから、よけい不安になるんでしょうね。 

Q)歯と舌癌の関連性ってどんなことでしょう??
よく舌癌になる原因として言われるのは、喫煙、歯が舌を刺激し続ける。
例えば虫歯なんかで歯が鋭くなって舌を傷つけ続けたり、歯並びが原因で、って事も稀にありますね。あと、合わない入れ歯が原因となる事もあります。

Q)舌癌など口の中のトラブルを未然に防ぐにはどうすればいいのでしょう?

歯医者で定期検査を受けましょう。が、正確なんでしょうけど、本当は、それではいけない、まず、例えば舌癌は私は診ればすぐ分かります。 今、どこの歯医者も診療科目に口腔外科をうたっていますけど、歯医者はもちろん年によって違いはありますが、同じ歯科医師国家試験を通って歯科医になっているわけですが、大学によってかなり教育の差があるんですね。たしかに骨の中の癌は分からないんですけど、粘膜に出来る癌は分かります。そのために、舌癌1つにとっても分かる歯医者と分からない歯医者にわかれます。
その中でなぜ分かる歯科医と分からない歯科医にわかれるかと言うと、私が大学時代、口腔外科の教授は学生の私達に何万枚という舌癌だけじゃなく、あらゆる口の中に出来る癌の写真、それ以外にも大きな病気にみられる口の中の写真を何万枚って授業中に見せるんですね…もちろんあの時代、授業中に寝てたりしたら、女の子であろうとも鉄拳制裁される訳です。あの当時、国家試験に写真で癌を判断させるような問題は出てなかったので、学生の私達は、なんで?と思っていましたけど、今になっては、その教授には心から感謝しています。死んじゃいましたけど…。 彼のお陰で、私、今まで5人、白血病の患者さんを見つけて、5人とも早期発見で今は完治されています。もちろん5人とも私に感謝していると言ってはくれましたけど、本当はあの教授のお陰なんだと思います。あの教授は死してなお人の死を救っていることになる訳です。かっこいいですよね。

 

【きぬた歯科の口腔外科】

 

 

 

 

PAGETOPへ
  • 歯科医師募集中