Tel.045-935-1186
24時間ウェブ予約
045-935-1186 電話ボタン

Medical定期検診・予防

定期健診・予防 定期健診・予防

一生自分の歯で食事ができるために、3か月~半年に1回(年2~4回)の定期的な歯科検診・クリーニングをおすすめします。

歯周治療ガイドはこちら
定期検診の目的
院内イメージ写真

「一生自分の歯で食事ができる」を目標に歯の健康維持と早期治療を行うことを目的としています。虫歯は自然治癒することはありません。虫歯にならないようにケアすることが一番の予防になります。しかし、残念ながらどんなに神経を使ってケアしても、患者さまによっては虫歯に進展してしまうケースもあります。きぬた歯科で定期的に検診し、異常の小さいうちに早期発見し、治療することが、結果的には一番の歯の健康維持になりますし、経済的負担も少なくすみます。
また、定期健診/クリーニングでは、歯石やステイン(着色汚れ)など、日常の歯磨きでは落とすことの出来ない汚れを取り除き、虫歯や歯周病の進行を防ぎます。また、口腔がんのチェックも併せて行います。
すでに虫歯やお口のトラブルを抱えてしまっている方も、きぬた歯科での治療と定期検診でそれ以上悪化しないようにしていただくことができます。
「お口のことならきぬた歯科にすべてお任せください」

エアーフロー・クリーニング
エアーフロー・クリーニング

エアーフロー・クリーニングとは、細かなパウダー状にした炭酸水素ナトリウム(体に優しい重層粒子)やグリシン(天然成分のアミノ酸の一種)を、強力なジェット水流で歯に吹きつけて汚れを落とすクリーニング方法です。歯の表面に付着した茶渋やタバコの着色汚れなどを、水圧とパウダーの力でキレイにすることが出来ます。
もしホワイトニングをしようか悩んでいる方は、その前に一度エアーフローを体験してみてはいかがでしょうか。ご興味のある方は、予約の際、もしくは、ご来院時に受付や歯科衛生士/ドクターにお声がけください。詳しくご説明させて頂きます。

  1. 1
    問診のイメージ画像
    問診・お口の中の検査・噛み合わせ・歯並びのチェック
    問診のイメージ画像
    • 歯や歯茎、粘膜や唾液の状態を肉眼で確認し、虫歯・歯周病などがないかチェックします。
    • 歯周ポケットの深さを確認し、歯周病の進行度をチェックします。
    • 噛み合わせ、歯並び、顎関節、咀嚼筋などの状態をチェックします。
  2. 2
    レントゲンを見ながら説明をしているのイメージ画像
    写真撮影・レントゲン撮影(必要な場合のみ)
    レントゲンを見ながら説明をしているのイメージ画像
    • 口腔内の変化などを正確に把握するために、現在のお口の中の状態を記録します。
    • 歯や顎の骨の中や、顎関節、過去に治療した歯の状態など、肉眼では見えない部分を確認するためにレントゲン撮影を行います。
  3. 3
    クリーニング・フッ素塗布・ブラッシング指導
    クリーニング・フッ素塗布・ブラッシング指導
    クリーニング・フッ素塗布・ブラッシング指導
    • 日常の歯磨きでは落としきれない汚れを、専門的な機械を用いて歯科衛生士が除去します。
    • フッ素塗布やブラッシング指導により虫歯になりにくい口腔内環境にし、健康な状態を維持できるようにします。

歯の定期検診を希望しますが、どのように予約すればいいですか?

ご予約の際「定期検診を希望」とお伝えください。

定期検診にかかる時間を教えてください。

クリーニングだけでしたら、通常30分程度で終わります。

ただし虫歯や歯周病がある場合は、時間はその限りではありません。また、健康であれば時間は短くなります。

定期検診は、どれくらいの頻度で通えばいいですか?

目安としては3ヶ月に一度ですが、患者さまの口腔内環境によっておすすめの回数は変わります。
3ヶ月~半年に1回は定期検診を受けてください。

定期検診を受ければ歯周病になりませんか?

定期検診はあくまで毎日の自分自身のケアの補助として考えてください。日々の努力は必要になります。

毎日歯磨きしていても、歯石はつきますか?

歯石はプラークが唾液中のミネラルと反応して形成されます。毎日同じ現象が繰り返され、少しずつ大きくなっていきます。
プラークを100%除去することはできませんので、歯石も少しずつ溜まっていきます。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して、プラークの量をコントロールすれば、歯石も生じにくくなりますが、やはり定期的に歯科医院で検診を受け、その際に必要があれば歯石除去を行うのがいいかと思います。私たちは人に教えるほど毎日ブラッシングしていますが、3ヶ月に1回は歯石を取り合っています。歯石はブラッシングを行なっていても必ずつきます。

義歯(入れ歯)でも定期健診は必要ですか?

もちろん必要です。入れ歯はバイキンの巣にもなり得ます。それは余計な感染症を引き起こしますので、ぜひ定期検診を受けてください。

フッ素が虫歯予防になりますか?

フッ素虫歯予防に大切なアイテムです。フッ素の使い方は3通り
1.毎日の歯磨きにフッ素入りの歯磨き粉を使う。
2.フッ素入りのマウスウォッシュで口をゆすぐ。
3.定期的に歯科医院で塗布してもらう。
があげられます。

診療科目一覧へ戻る
PAGETOPへ
  • 歯科医師募集中
  • 衛生士・歯科技工士・歯科アシスタント・受付募集中